20151031img03224133

【あらすじ】
九州地方のとある静かな田舎の酪農家を舞台に、義父に弄ばれる未亡人の禁断の愛を描いた異色のエロティック・ドラマ。R18+指定作品。別タイトルは、『痴漢義父 息子の嫁と・・・』 、『夜明けの牛』。原題の、『夜明けの牛』の名のもと、アテネ・フランセ「日本映画考」で特別上映された他、『A Lonely Cow Weeps At Dawn』の英題のもと、2008年9月にアメリカで行われたオースティン・ファンタスティック映画祭にて上映された。俊英後藤大輔監督のメガホンのもと、麻木涼子、佐々木ユメカ、新人水樹桜らが濃厚なエロスシーンを繰り広げる。酪農家の周吉は、事故で息子を亡くして以来、息子の嫁、紀子と2人で暮らしている。一見穏やかな生活なのだが、周吉は明け方になるとボケの症状が出て、かつて飼っていた牛がお??`生きてると思い込んでしまう。そんな義父の為に、紀子は毎朝裸で四つんばいになり、牛になりすますのだが・・・。














動画をみる】【映画をみる


【キャスト】
麻木涼子、佐々木ユメカ、中村方隆、なかみつせいじ
洋画】【ブログ村】【人気ブログランキング







file

file

file